忍者ブログ

現実は単なる二度寝の夢

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きるぎる譚


眠いが。ただ書くと言ったので書く。ただ眠い。


先日もやもやしていたものは、依然として心の中でわだかまっている。
僕が大人になっていく過程の中では大した問題ではないけれど
これがすっきりしないかぎりは、大学生活が終わる。

まあ色々な言い方があるけれど
要するに、僕はどういう人間なのかということだ。

色々な側面からそれについて考えられるわけで
例えば前回書こうと思っていたことは、音楽についてだ。


今できることをやろうと思った現状
だったら作曲に力でも入れてみようと思ってやっていて
それでも大した物ができないことに対するイラつきというもの。

高校から悩んでいることだけど
あまりにも雑食すぎた。
とは言ってもそこまで多くの音楽を聴いてるわけじゃないけど
食いしん坊だからたくさんたくさんたくさん食べて
それをいざ消化しようとしたときに、うまくいかない。そういう気分。

吸収ができていないのだ。
刺激のある音楽が好き。
だからと言って自分が刺激のある音楽を作れるわけではない。



物事は経験てのは確かな話だと思うけれど
今のまま進んでも、僕の好きな音楽は僕は作れない。

出来上がるものをざっと見ても
自分で好きになれない。



変な言い方をすれば、自分の子供が好きになれないのと同じことだ。
努力もするし、産まれたあとのことも想像する。
出来上がったときはもちろん嬉しい。

しかし、心の底から愛しているという自覚が出来ない。
嫌いじゃない。でも、大好きじゃない。



僕はなんなんだろう。














忘年会の二次会で、色々な人たちと話をした。
忘年会では一滴もお酒を飲まずにいたけど
二次会ではぐいぐいのんで、その勢いのまま先輩らと熱く議論を交わした。

先輩に発する一字一句が自分に跳ね返ってくる。
売り言葉に買い言葉、とまではいかないけれど
ほぼ無意識に自分が説明している事柄は
全部自分にそのまま跳ね返ってきていたのだ。

僕はなんなのだ。
そんな資格は無いのだ。
クソ人間なのだ。
どうしようも無いのだ。









日記なんか書こうと思うんじゃなかった。
すっきりしようと思って書き始めたけど
どんどんどんどん憂鬱になる一方だ。

いま現在の心境としては
僕が消えたところで世界は動かんというきもち。













僕は僕でありたい。
そういう自分でいて、そういう物も創りたい。

でも僕は僕が見えない。
どこにもいない。

だったらいなくなればいいかな。
それか誰かに見つけて欲しい。

もーいーかい。まーだだよ。




























                   
















まーだ  だ よ
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カウンター

最新記事

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[11/30 torisuke]
[11/10 かわ]
[11/08 ○チメディア文化課程]

最新TB

プロフィール

性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

リンク

アクセス解析