忍者ブログ

現実は単なる二度寝の夢

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

単純な思考

 誕生日を一日過ぎて
さっそく「大人の権力」を行使しに近くの小学校へ選挙投票へ。
終了時間5分前に駆け込み、すごく熱心な雰囲気をかもしだす俺。
とか言いつつ投票用紙には「いません」とか書いて子供っぽいことをする俺。
日本の行く末を案じるほど、大人ぶれない。




梅雨の季節の割にはすごく平和だなあと思っていたけれど
ついに先程ぶっ壊れました。
自分の行動を客観視することは好きだけれど
いきなりすぎて少しあせった。

ぶっ壊れたといっても、決壊したような感じ。
ひとり蹲って泣き啜りました。
いつまで経ってもひとりで。
枕抱えてぐしゃぐしゃと。

あ、具体的には何も書きません。世の中の60億人の僕のストーカーの皆様には申し訳ないけれど
今ある僕の身の回りの些細な事々については一切触れない。
ただまあ。ダメだなあと。


色々と反省すべき点はある。
けれどそれを反省したところで次に活かすことは出来ない。
なぜなら「始めないこと」が唯一の対策と成り得るから。
近寄らず、触れず、考えず、思わず、言えず。

人間としてダメだなあ。
ぽへえ。ってなわけ。



きっかけは小さなこと。
ある叱責が全ての物事を無理やり結びつけて(こじつけて)
頭の中で勝手にリンクしあって肥大した状況が脳みそを揺らしたってだけの話。

泣いた理由も、一言で言うなら「特にない」。
でも長々と説明してくれと言うなら舌が乾く。



特に書きたいことがあったわけじゃないです。
ただただ逃避したい現実がそこにあって
どうしようも無くて。

僕の周りの時間を少しだけ止めて
宇宙のあたりまで小旅行をしたい。
今の状況を忘れた頃に此処へ戻ってきて
そうしてまたイチからやり直したい。

明日の朝もバイトです。
そういった規則正しい生活が
僕から退屈な時間を拭い去って
退屈が無いということは
僕の想像力が段々耳のあたりから垂れ逃げていくということなので
それはとても残念なことだなあ、とぼんやり考える。




一人の時間が減ってるし
その理由も確かだし
それを止めようと思えば止めることは出来るけれど
その先にあるのは無意味な時間の羅列と成長しない自分と。
いつまで経っても人間に近づけない。

普通ですよ。とても普通な人間ですよ。
そして普通な人間なりに変な部分もある。
どんな普通な人間でも持ってる「ああここ変だよ」ってくらいの変な部分はあるけど
その変な部分がやっぱり少し変だ。

そこが無ければ僕じゃ無いと思うけど。
誰の所為でも無いし。

「人間失格」

あーもう。さようなら。




変わろうとしても変われない証拠なのかと思ったけど
いますごくびっくりしたのは
一年ほど前に理想としていた状況に重なる部分がとても大きいはずなのに
逃避したい現実が目の前に横たわっているのは一緒で
ただただどこかに逃げ出したい足元も同じで

靴を履き替えたいんじゃなくて
歩く場所をそのままそっくり変えたい。



誰も傷つけたくない。正直に言えば、出来ることならば、僕も含めて。誰も。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カウンター

最新記事

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[11/30 torisuke]
[11/10 かわ]
[11/08 ○チメディア文化課程]

最新TB

プロフィール

性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

リンク

アクセス解析