忍者ブログ

現実は単なる二度寝の夢

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネストは入れる

東京事変の新しいアルバム出ましたね。
この二日間で繰り返し繰り返し聴きました。
なるほど、コンセプトアルバム、って感じ。
すごく好き。

前作の「娯楽」の色もところどころに見えながら
椎名林檎ソロ名義の「三文ゴシップ」の色も垣間見える。
今作聴いてるけどソロの方は聴いてないよって人は聴いてみるといいと思う。


一作目の「教育」は、今のメンバーと違うから音が違うのは当然とも言える。
「大人」以降の洗練された感じよりも、ライブ映えする荒々しさみたいなものがあった。
元東京事変のギタリスト(ヒラマミキオ)は、そこまで好きじゃなかった。
あの荒っぽい感じがあのアルバムの雰囲気にあってたとは思うけど
正直言って、あの人じゃなくてもできたことだと思う。
で、現PE’zのピアノスト(ヒイズミマサユ機)が元々ピアノやってたわけだけど
この人のピアノは本当に好きだった。
ただ、今の東京事変にこの人がいたら・・・と考えると
また別の形態のバンドになっていただろうなと思う。


僕が一番好きなアルバムは「大人」なんだが
このアルバムの時点ではそこまでピアニストの力強さは認識できない。
もちろんピアノはバンドの音の中でもいい響きを持ってるんだが
現ピアニスト(伊澤一葉)ぽさをはっきりと認識できるようになるのは
三枚目以降からじゃないかなーと思う。


そう思う理由。
1つには、ヒイズミマサユ機の印象があまりにも強すぎたこと。
ライブ時における彼のパフォーマンスでは誰もが強い印象を植え付けられただろうし
それを見た後、聴いたあとでは「大人」のピアノは弱すぎるというような印象しか持てない
というような人が多かったんじゃないかと思う。

2つめ。「大人」というアルバムはバンドとしての方向転換をするために存在したのでは無いかと思う。
椎名林檎や亀田誠治が今のようなアルバムのだしかたを想定してたのかはわからないが
一枚目とそれ以降とでは明らかに色の音が違う。
それは、一枚目の核をなす曲をいくつか書いていた作曲家兼ピアニストがいなくなったことや
一枚目の「荒々しさ」という色を表現していたギタリストがいなくなったことが大きく関係しているだろうが
一枚目のその印象をがらっと変えるための二枚目「大人」だったのではないだろうか。
3枚目と比較するとその違いがよくわかる。
「大人」は明らかにアルバムの流れを特に重視して作られたCDだと思う。
つまり、個々の色を出すことよりもバンドの在り方の違いを示そうと。
そういう意識を全面に出したんじゃないかと勝手に思ってる。
もしくはピアニストギタリストの両人がバンド内での立ち位置を模索していたのかも。

で、3つめ。
東京事変のアルバムは、それぞれのアルバムに色がある。
その一部は各アルバムタイトルに表れてると思うんだが
個々の違いというものを全面に出したのが3枚目だと思う。
そこで改めてピアニストの個性が見えたわけだ。
上には「2枚目はバンドの方向転換のためのアルバム」とは書いたけど
荒っぽさを特徴にした1枚目、細かい音使いを駆使できる二枚目以降というように
ギタリストは比較的わかりやすい違いがあった(これは僕自身がギターを弾く所為もあるかもしれないけれど)。
でもピアニストはどうだったろう。
「へえ、こんな感じの音なんだ。こんな曲作るんだ」となって
「前の人より少しおとなしい感じなのかなー」くらいだった。
そしてその後、椎名林檎は作詞に専念し、他のメンバーのみが作曲を行った3枚目。
ここで作曲家としての一葉の魅力がずばばばばーんと見える。
名の通りキラーチューンな「キラーチューン」。
「金魚の箱」や「黒猫道」。たまらん!

そこで改めて二枚目の一葉作曲の曲を聞き返してみると
「あーなるほど」と気づく。
なんと表現すればいいのかわからないけれど、
この人の作る曲ってきちんと積み上げられてるんだよなあ。

これらの曲は「教育」におけるバンドメンバーでは作ることの出来なかった曲だと思う。



しかし逆を言えば
「教育」における曲は、現在のメンバーでは作ることのできなかった曲だとも思う。

だから一枚目の東京事変が好きだし二枚目以降の東京事変も好きだ。
うん、それだけ。好きなんだよね純粋に。



特にギタリストの浮雲は
出会ってからずっと好きなギタリストのひとりだし
ギターをやる上でいろいろな部分で参考にしてる人だし
そういう意味で二枚目以降が絶対的に好きなのは当然であってね。




うっひえ。まあなんだかんだと好きです。はい。あー今日はなんだか疲労感だべー。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カウンター

最新記事

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新CM

[11/30 torisuke]
[11/10 かわ]
[11/08 ○チメディア文化課程]

最新TB

プロフィール

性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

リンク

アクセス解析