忍者ブログ

現実は単なる二度寝の夢

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

の行方

 久々になった。

近頃は手書きの日記も付けてないし、文章を書く機会がだいぶ減った。
twitterの140文字で制限された文はもはやネタか感情直結的な短文しか書けないし
文章を構成する力はだいぶ落ちたろうなと思う。

文章書くのも読むのも好きなことだから、やってる間は努力と思わないけど
でも日々続けていった方が力は持続するんだろうなあ。


特に記すべきこともないので、いつも通り妄想と空想を垂れ流す。


何年前だったか忘れたけど
「ネトゲに夢中になりすぎて、食事と睡眠を2日間せず死んだ男」
ってのが韓国でいて、少し話題になった。
なんでかこれがすごく記憶に残ってる。

ネットがリアルを侵食する、というのが一般的な人にまで広まるようになったのはいつからなんだろう。
世界中にインターネットが普及して、通信速度もあがっていって
仕事や娯楽に関係無く様々なツールが出ては消え。
ネットの快適さがいつからかリアルに大きな影響を与えるまでになっていった。

そもそもネットはリアルを充実させるためのツールだったんだと思う。
それがいつからか、ネットはリアルの延長線上になったり
もしくはネットとリアルが別世界になったりと形が変化してきた。

でも依然としてネットとリアルを比べたら
重要なのはリアル。ネットはあくまでサブ的な世界。
で、いつまで経ってもその意識が変わらないのは何故なのかなって考えたのね。


それってつまり、まず僕たちが住んでる世界がリアルの方だからだと思うの。
生まれて育ってきたのはリアルだし、物を学んだり遊んだりっていう
人とのコミュニケーションをとってきたのも、もちろんリアルの方。
きっとこの先仕事をしてお金を稼いでってしていくのもリアルの方。

この生活ならネットがサブ的な位置に立つのは当然だよなあと。
だって、リアルで稼いだお金が無ければそもそもネット環境を整えることが出来ないんだもん。
お金をもらうのもリアルだし、お金を払うのもリアル。
最近ではネット通販とかネットオークションも流行ってるから
ネット上での仮想金銭のやりとりも多くなってるだろうけど
物が届くのはリアルだしね。


でも、この関係が崩れていく可能性もあるんじゃないかな、というおはなし。



こう考える理由はいくつかあるんだけど、まず「お金」について。

日本ではあまり流行しなかったようだけど
一時期「セカンドライフ」ってのが話題になった。
簡単にいうと、バーチャルワールド。仮想世界。メタバースとも言うみたい。
自分の分身が仮想空間上にあって他人とコミュニケーションがとれる。
要するに「ミクシー」と「サンシャイン牧場」っぽい感じ?
それに「ハンゲーム」とかのアバターが付け加わる感じでイメージできるかな。

まあネット上の仮想空間に自分の分身を置いて他人とコミュニケーションするってのは
ある意味ありふれたツールだったんだ、すでに。
でもこの「セカンドライフ」が画期的だったのは
仮想空間内で作った物に著作権が認められたこと、それを売り買いできること
そして仮想貨幣を実際の通貨に換金できたことだった。

まあ僕は実際にやってないから詳細はわからないけど
企業にせよ個人にせよこれに目を付けた人は多かったみたいで
色々な物が売買されたみたい。
実際にそれでかなりの収入を得た人もいるようだけど
でもそういった人はリアルの時間を犠牲にしてネットでお金を儲けたんだよね。

つまり、今までのリアルとネットの関係性だったらありえなかったことが
段々可能になりはじめた。
リアルでお金を儲けるためにネットを使うとか、そういった関係性が
ネットで儲けたお金をリアルで使ったり、
もしくはネットで儲けたお金をそのままネットで使ったり。
これまでの関係とは違った関係に変化する可能性が出てきたってこと。

ネット上でしか使えない通貨ってたくさん種類があって
それはゲームによって違ったり、管轄する会社によって違ったりするんだけど
もしそれが現在使われてる通貨を仮想的に流通させるような仕組みが
しっかりと形作られてきたら、ネットとリアルでお金を行き来させることも随分と多くなるよね。

仮想貨幣を危険視する人もいるかもしれないけど、
例えば銀行ってそれが存在しなければ経営は成り立たないんだよね。それは昔からの話。
つまり仮想貨幣ってすでに僕たちの身近に存在してるわけ。
それが単に個人でもネットでやりとりが可能になるってだけの話。

もちろん、今世の中にある職が今のままだったら
皆がネットの中でお金を儲けて…っていうのは難しいかもしれないけど
「2010年に需要のある仕事10位は、2004年に1つも存在しなかった」
っていう話から考えるとどうだろう。
まあ「需要」ってのがどういった測り方なのかはともかく
ここで重要なのは、6年間で順位が入れ替わったとかじゃなく
6年前にはそもそも存在してなかった仕事があるって点だと思う。

社会を構成するのは人で、人はそれぞれに役割があって
仕事だろうと消費だろうとそれはそれぞれの役割だと思うんだけど
社会が変化すれば役割も変化するし、役割が変化すれば社会も変化する。

そういうわけで、社会の中でお金の形が変化すれば
それを使う形も得る形も変化していくし
今の世の中がお金に支配されてる以上、人々の生活も変化していくよねっていうこと。



で、それが「お金」について。
人間は衣食住で満足度を測るけど、そのどれにもお金が必要不可欠だし
人間生きるのにまず必要なのは「時間」だけど
それを対価として「お金」を得るわけだから、それってものすごく重要なもの。
僕は人間を支配してるのは「お金」だと思ってるし。
だからそれを取り巻く環境が変わったら
人間の生活も変化するのはたやすいよなと思うわけ。



それに加えて、ネットとリアルの関係を逆転させる大きな要因となる理由もう1つ。
リアルに不満を持つ人が、ネットでは生きることの出来る可能性があること。


それはつまりブサイクであるとかそういうことでは無くて。
例えば、手足の不自由な人。
仮想空間ではおもいっきり遊ぶことが出来るかもしれない。
野球をしてサッカーをして、そういった経験が出来るかもしれない。
例えば、目の見えない人。
星を眺めたり、美術館に行ったり。
その人自身が絵を描いたりすることもできるかもしれない。

不可能に思えるかもしれないけど、でもこれって実現するかもよ?

前にどこかで見たけれど、盲目の人のために画期的な機械が開発されたとか。
おでこのあたりにつけた装置から広がった光線の跳ね返りで色々な物との距離を測って
それを視覚野に電波で感知させるんだって。
んで、近くにある物は強い電波、遠くにある物は弱い電波っていう様にすると
目の前に立体化された世界が表示されたような感覚になるんだって。
もちろん紙に書いた文字は見えないし、世界に色は付いてない。
けど今まで目の見えなかった人にとっては
世界に形がついて、例えば他人の顔の凹凸だって認識できるようになる。


こういったことは科学の進歩の仕方に想像を委ねるしかないから
今空をとぶ車が無いように、遠い未来まで実現しないかもしれないけど
でも可能性はある。

ネット空間での生活が本格的になった時、それがどういった形で行われるのかわからないけど
もしもそれが健常者と障害者が同じ位置に立てるような仕組みだった場合
個人どころか、国がそれを推進する可能性だって否めない。
全ての人々が同じスタートラインに立つことが出来て
なおかつそこで学び遊び働き消費をすることができるなら
倫理的にそれが望ましいこととして受け入れられるかもしれないよね。


もちろん生活出来る環境がネットに整っていればこそ実現できる話だけど
上に書いたように、社会そのものが変容する可能性は十分にありえる。
んで、さらにそれを推し進める要素が出てくる可能性もあるよね、っていう話。




まあこの他にも色々とあるんだ。
例えば今すでにネットはそうなってるけど
他人に公開する名前を実名とリンクさせて無い場合
「半匿名」の環境を築くことが出来る。
そしたら、致命的な失敗を犯したとしても
またイチから文字通り「生まれ変わる」ことが出来なくも無い。

これはもちろん良くも悪くも応用できるんだけど。

お金を扱う以上これは難しいと思うかもしれないけど
全く新しい人間環境がつくれる場である以上
リアルでは想像出来なかったようなことが常識になるかもしれない。





そもそもこれを考えるきっかけになったのは
たぶん多くの人が考える「今いる世界が現実なのか?」ってこと。
仮想世界ってのは映画とか小説でもよくあるテーマだよね。
最近だと話題になった「アバター」(見てないけど)とか、あとは「サマーウォーズ」とか。

僕が言ってることに近いのは「マトリックス」の世界観かな。
世界中の脳みそが1つのパソコンに繋がれてて
実はそれを操縦して遊んでる誰かがいる
っていうことが妄想だって、誰が言い切れる?

この世界は誰かのゲーム画面でしかなくて
本当の「リアル」はこの画面の外にあるのかもしれない。
僕がこの文章を書いてることとか、君がこの文章を見てることとか
それらは全部もうプログラミングされた結果でしか無い。とかっていうことね。


それを考えてると、「リアル」ってどこにあってもいい気がしてこない?
生活さえできれば「リアル」なんてどこでもいいじゃない。

現時点では、人間には衣食住が必要で
それら全てはリアルの世界に組み込まれてるから
僕たちがネットの世界に住みこむことは少し難しいし
子供作ったり愛しあったりっていう行為自体も
欲望に倫理観も相まってリアルじゃないと、という感じだよね。

でもそれらが段々と変化していく可能性もあるんじゃないかな というだけの話。

そうして考えていくと、今の世の中で言われてる「常識」とかも
いつ「非常識」にすり替わるのかなんてわからないように思う。
それは色んな言い方があるけど
「あの仕事は安定してる」もそうだし
「そんなのは単なるお遊びだ」とかさ。
そういった言葉がいつの間にかどこかひっくり返るかもしれないよ。




と、就活が段々と近づく僕は考えたりするわけだ。
そうやって「リアル」から逃避してるだけなんだけどね。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カウンター

最新記事

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

[11/30 torisuke]
[11/10 かわ]
[11/08 ○チメディア文化課程]

最新TB

プロフィール

性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

リンク

アクセス解析