忍者ブログ

現実は単なる二度寝の夢

齷齪と口に出して言うのだ

 何か悲しいことがないかな。僕はそれを理由にして泣いてみたい。



最近は、何が幸せなのかよくわからない。
やるべきことがあればそれは幸せなんだろうと思っていたけど
そういうのは僕にあまり向いていないんだな。きっと。

たぶんだけど、「幸せだね僕たちって」って言える相手がいるなら
それは無条件に幸せなことなんだ。簡単に幸せになれるんだ。
だから人は恋愛を求めるのかな。幸せになりたいから。
いつからか自分よりも相手の方が幸せになってくれることを願いはじめて
そして子供が幸せの障害になるならいっそその存在をゼロにしてしまうんだ。


そうやって忘れていくんだ。


忘れたいことは忘れられずに
忘れたくないことは忘れてしまう。
記憶と忘却は人間の進化の証。だけど、退化の証。



ぼんやりとしていたいな。
それが幸せかどうかは知らないけれど
少なくとも楽だろうな。
意味の無い焦燥感に襲われて
「なにかしなくちゃ」と思っているくらいがちょうどいい。
実際に何かをやり始めると僕みたいな人間はすぐに疲れてしまって
だけど中途半端な責任感で無理やりに体を動かすんだ。
だから疲れる。


疲れるのは嫌いだ。
面倒なことも嫌い。
だけど、そんなことを言う自分がいちばん嫌い。
雑踏を何も考えずに歩いていたらいつの間にか足裏にガムがひっついてた、くらいに嫌い。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カウンター

最新記事

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[11/30 torisuke]
[11/10 かわ]
[11/08 ○チメディア文化課程]

最新TB

プロフィール

性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析

リンク

アクセス解析